2011年03月10日

ジャズネコ 「Confusion The Live」

ジャズネコ 「Confusion The Live」

Confusion The Live.jpeg

 去年11月のPARABOLAでも表題曲のビデオ・クリップを放映した3曲入りマキシ・シングル「Confusion The Live」。ここに込められた三曲は全て「凶暴な芸術」という肩書きの裏に実は隠れているロックの優しさを代弁している。

 最初の一秒から振り切れたテンションで幕を開ける表題曲、無駄な装飾などを使わずに等身大のサウンドで精一杯を出し切る彼ららしさがそこに既に現れる。武骨で太いドラムスとベースのソリッドなサウンドが滑らかでグルーヴィーなビートをうねるように紡ぎ出す。そこに絡まるギターの美しいアルペジオは繊細でありながらも自らを主張するよう力強く響き、リズム隊のグルーブと相まって緊張感の溢れる空間を作り上げる。複雑なコードや演奏テクニック、はたまた派手な曲構成がある訳ではない。ただひたすらに素晴らしい唄とストレートなサウンドがあるだけ。そのアンサンブルは不器用でありながらも、とても美しい。その美しさは彼らが余計な装飾など抜きに音だけで真っ向勝負をしていくという意気込みと、それの思いが込められたサウンドの一音一音にとてつもない重みがあるというところから来ている。彼らの楽曲では音だけでなく感情が鳴っているのが聴こえてくる。自らの音楽に自信がないとここまでストレートに響かない。自らに自信がないときっと装飾に逃げてしまう。しかし彼らは自らにそれを決して許さない。だからこそ彼らのロックにはブレがないのだ。破壊することや感情をステージで暴力的に発露させることだけがロックではない。彼らは優しい歌をも誰よりもロックとして鳴らしている、紛れもないロック・バンドだと改めて思い知らされた。

 今年2010年もMINAMI WHEELや渋谷CLUB QUATTROで演奏をブチかまし、若手ロック・バンドたちをビビらせ続けてきた彼ら。2011年の更なる活躍に期待は高まるばかりである。

Myspace
audioleaf
mixi

発売日: 2010.8.25
レーベル: pojjo record
品番: OPCD-7101
価格: ¥1,200 (tax in)
posted by puri at 18:36| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。