2011年03月10日

MEANING 「BRAVE NEW WORLD」

MEANING 「BRAVE NEW WORLD」

bnw_b.jpeg

 2004年、ex. キノト / TaU KITCHEN スタッフにより結成。2008〜2009年にBa. mami脱退後YUICHIが加入、その後ライブの圧倒的な完成度により知名度を勢い良く広げて行き、ついにファースト・フル・アルバムをPIZZA OF DEATHよりリリースした5ピース・バンド、MEANING!祝・11/17付オリコンデイリーチャート48位!

 Introの優しげなアルペジオから一転して激重なスネアが鳴り響く序盤。そのリスナーを巻き込むトラップのようなギミックは彼らならではのシニシズムの象徴のよう。3本のギターによるカッティングや単音フレーズのレイヤーの分厚さは流石。MEANINGの楽曲をMEANINGたらしめている重要な要素として鳴り響く。それに埋もれないばかりか、楽曲のコアとして圧倒的な存在感を放っているドラムスは手数・重厚感ともに群を抜いています。リズムの緩急・楽曲の静と動を巧みに操り、それぞれの楽器隊をしっかり繋ぎ止めつつも、轟音の中にしっかりとコード感を紡ぎ出すベース・ライン。全てのパートが一ミリのズレも生じさせず正確なリズムを刻み、音を重ね、時にメロディアスなフレーズを挟みながらも周囲を吹き飛ばす程の轟音を叩き出す。極めつけにVo. HAYATOによる激野太いシャウトがリスナーに止めを刺す。小節いっぱいに詰め込まれたネイティブな英詞がバシバシ決まっていくバイオレントな爽快感にはカリスマ性を感じられるし、その気迫は空気までもソリッドに変えてしまう。ハードコア・メタル・パンクの要素をぶち壊して混ぜ合わせるだけでなく、そこに自分たちのバンド・スピリットを注入し、血が今にも吹き飛ぶようなここまで熱いサウンドを創り上げた彼ら。日々のリハーサルや数々のライブをストイックに重ねた末に掴み取った彼らのロジックに裏付けされた、知識や言葉で説明出来うる説明の範疇を越えたサウンドのクオリティ。今まで流した血と汗の結晶で出来ているからこそここまでの傑作を創り上げたのです。日本中のミュージック・ファンはもちろん全バンドマンにも聴いて欲しい一枚。これこそがバンドのあるべき姿です。

Myspace
mixi
Twitter

発売日: 2010.11.17
レーベル名: PIZZA OF DEATH RECORDS
品番: PZCA-49
価格: ¥2,300 (tax in)
posted by puri at 18:26| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。