2010年11月06日

halt 「stir」

halt 「stir」

stir_jacket_hp.jpeg

Gt、Drのメンバーチェンジによる約3ヶ月の活動休止後、7月11日の盟友fifi企画「WITH fes」にて待望の再始動を果たした4ピース・バンド、haltによる初の全国流通音源。

キャリアを着実に重ねた上で手中に収めた実力は前作 ”outa” からのスキルアップを明確なものとしており、以前より顕著であった繊細なギター・フレーズの絡み合い、一音一音が丁寧に響くドラムスの各フレーズ、しなやかなラインを紡ぎ上げて音のレイヤーを鮮やかに重ねるベースは、より強固なアンサンブルの中で鳴っている。更にその楽器隊の上を歌い上げるボーカルはサウンドのクールなテクスチャーを熱量に変換し、より楽曲をエモーショナルに仕上げる。語弊を恐れずに言えば、”タイト” と言うよりもそれぞれのパートの重なり方が一層 “クリア” になった印象のサウンドである。その作用はリスナーを音の一つ一つに集中させる。また無駄を一切削ぎ落したアンサンブルであるが故に、生まれる音と音の隙間に消えていく音の軌跡をはっきりと耳で追うことが出来る。その音の消え際の美しさは線香花火を彷彿とさせる程である。それは音が生まれてから消えゆくまでの全ての瞬間に、その存在意義を与えているからこそ表現出来る美しさであり、彼らがいかに自身達の創りあげているサウンドに対して自覚的であるかの象徴ではないだろうか。ディレイのかけられた空間的なサウンドは空気中を軽やかに舞い上がり、音像に三次元的な効果を与え、音像が立体的に現れる演出をそこに加える。しかしそれだけではなく、その音像が消えていく様までも美しいと思わせることの出来るバンドはそういないのではないだろうか。「木の葉を隠すなら森の中」という言葉があるが、彼らはその逆で、シンプルかつ空間を開かせたアンサンブルを奏でることで一つの音の存在感、躍動感を徹頭徹尾創りあげているのだろう。緻密に計算された引き算の上に成立している素晴らしいアンサンブルである。

Myspace
mixi

発売日: 2010.9.15
レーベル名: miura
品番: MIUR-001
価格: ¥1,260 (tax in)
posted by puri at 18:49| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。