2010年09月21日

Wienners 「CULT POP JAPAN」

Wienners 「CULT POP JAPAN」

wienners_jacket.jpg

7月7日にリリース後も未だ勢いの止まらないWiennersの「CULT POP JAPAN」!キノトでのレコ発イベントも終了、既に全国を絶賛ツアー中の彼らですが、ここで愛と勢いのみで彼らのファースト・アルバムを改めてレビューです!

レビューするにあたって改めて彼らのアルバムを聴いてみるとやっぱり特殊です。既存のカテゴリーを全てぶち破って行くような楽曲の数々。アルバムの頭から最後まで一貫したポップネスは今までに存在しなかった全く新しいモノで、例えばWiennersを知らない人にWiennersを説明するのがとても難しい訳なんですね。「◯◯っぽい感じ」とかって言えない。で、彼らのポップネスを完全オリジナルたらしめている所以は何かというと。ガッツガツにキメられていく、もうソリッド過ぎる変拍子とブレイクと変調。一見これを読むと完璧カオティック・ハードコアみたいに見えますがしかしそうじゃない。そう、そのポップな部分とカオティックな部分の配合がもの凄く良いんです。というかこんなバランスでしっかりまとめあげているバンド彼らしか居ないんです。更にそれを計算高そうなところを全く見せずに簡単にやってのける。演奏バッキバキ、でもメロディはキラッキラ。いいとこ取りっていうと聞こえが悪いですが、彼らの楽曲にはいいところしかないのは事実です。しかもあり得ない密度で。だからこそハードコア好きにも響くし、ポップサウンドが好きな人にも響くし、変拍子が好きな人にも響くし、グッドメロディ大好きな人にも性急ビートが好きな人にもアンダーグラウンド好きにも...って挙げるともうキリがねえ!とにかく誰にでも響き渡る激グッド・チューン、グッド・アルバムを彼らは作ってくれました。これこそが真の意味での「ポップ」ですよ。

15曲入りで20分で駆け抜ける至福の時間を是非皆さんにも体験して欲しいです。キノトでも絶賛発売中の今アルバム、キノトオリジナルの特典もつきますので是非お買い求めくださいねー。

Myspace
Youtube
mixi

発売日: 2010.7.7
レーベル名: TOY’S FACTORY
品番: WNSR-001
価格:¥1,800 (tax in)
posted by puri at 16:51| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。