2011年04月20日

YOU NAAT KHAT 「madrigal stage e.p.」

YOU NAAT KHAT 「madrigal stage e.p.」

 昨年8月に結成されたばかりの5ピースバンド、YOU NAAT KHATによるファースト・デモ音源。

 リバーブがかったボーカルと空間的に交差するギターが印象深く響く。ゆっくりと進んでいく安定したリズムの中を次々と音が出現していく様にすぐ意識を持って行かれてしまう。脳の覚醒をゆっくりと促すような単音フレーズや、じっと聴いていたくなるような美しいコードの重なり、そして不穏な空気感を放ちながら楽曲の礎を固いものにしているベースライン。リスナーにじっくりと聴かせる味わい深いフレーズを連発しながらアンサンブルはゆったりと進んでいく。90年代のオルタナティブ・ロックのエッセンスを取り入れたシューゲイズサウンド、そこに漂うどことない閉塞感や諦観の境地など、リアルな感情のブレを映し出すサウンドや楽曲感を踏襲しながらも、開けたメロディが耽美で壮大な世界観を楽曲にもたらす。地に足の着いたその歌唱力は既に圧倒的な存在感を放っており、滑らかな曲線を描きながら華やかで寂しげに響き渡る。

 とにかくこの5人のアンサンブルが美しい。珠玉のメロディやコード感が楽曲の至る所に散見されて、打楽器であるドラムスからすらも、リズムの向こうに綺麗なメロディが見えてくる程である。5つのサウンドが一切の無駄を排除し、ひたすらに美しさに向かって重なりを深めていくからこそ表現できる表現世界であり、既に完成された世界観がそこにある。それぞれにキャリアを積んでいるメンバーが集結したとはいえ、結成一年目にしてここまでの完成度を誇るのは驚くべきことである。

 今後の期待がますます高まる、最初の音源として極めて完成された一枚。この世界観は今後まだまだ広がりを見せてくれるはずである。

Myspace
mixi

発売日: 2011.2.10
自主制作
価格: ¥300 (tax in)
posted by puri at 15:29| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

the mornings 「SAVE THE MORNINGS」

the mornings 「SAVE THE MORNINGS」

themornings_jacket.jpeg

 激奇天烈でカオティックかつディスコーダント過ぎる楽曲っていうかエネルギーの塊みたいなのを放出しまくる4ピース・バンドthe mornings。CD帯にも書いてある通り結成8年目にして待望のファースト・フル・アルバムをリリース!

 アルバム全体を通して貫かれる変速ビートや痙攣そのものをサウンドで体現したかのようにビキビキ軋みまくるギター・フレーズ。小節を無視してはみ出しまくっているそのサウンドは既存のカテゴライズからも堂々とはみ出しており、確かにニュー・ウェーブやポスト・ハードコアを彷彿とさせる楽曲の構築力や90年代半ば頃の初期オルタナティブのようなドライでシニカルな空気感がそこらかしこに充満している楽曲群ではありますが、そこでただクールに終わってしまうのではなく、独自のサブカル感や密閉感の高い(しかし確実に外向きな)ナード感を爆発させているところが彼ららしい一面ではないかと思います。とにかく一曲に詰め込まれている情報量が半端ない。言葉で形容するのがもったいないサウンドなので是非お買い求め頂いてガッツリと聴き込んで頂きたい一枚。また今回迎えたゲスト勢の豪華さにも要注目。シャムキャッツ・thai kick murph、ARTLESS NOTE、ロレッタセコハン、SuiseiNoboAz、LAGITAGIDAなどなど幅広いゲスト陣のクレジットを見ていると、如何に彼らが各方面からのリスペクトを受けているかがよく分かります。

 激アップリフティングな「amazon surf」、スリリング変拍子がジワジワ沸点ににじり寄ってくる「マッドダンサー」ももちろん収録!Wiennersやtacobondsなどのカオティック・アンサンブル好きにはこれ以上なくバッチリハマるであろう珠玉の一枚であります!

Myspace
audioleaf
mixi

発売日: 2011/1/19
レーベル: TAKE A SHOWER RECORDS
品番: TASR-01
価格: ¥1,890 (tax in)
posted by puri at 15:19| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悲岸 「メアリー / タイヨウトツキ」

悲岸 「メアリー / タイヨウトツキ」

higan_jacket.jpeg

 ゆったりと進んでいくのに不穏な雰囲気を撒き散らす三拍子が印象的な「メアリー」。流れるようなサウンドの中に漂う悲壮感、一つ一つの音が生々しく鳴り響く緊張感は進んで行くに連れて存在を主張していく。コーラス部分のスリリングなリズムや刺すように切り込まれていくエッジの聴いたギターカッティングはリスナーの鼓膜をグサグサに刺していく。

 優しく滑りこんでくる「タイヨウトツキ」は、曲が展開していくにつれてアンサンブルは攻撃性を増しながらゆっくりと耳を浸食していく。それに比例するようにアルペジオの輝きは一層増していき、煌めくサウンドの向こう側には彼らの提示する温もりや優しさが垣間見える。心臓の鼓動のようにゆっくりと、しかし確実に刻まれるリズムはシンプルでありながらも印象的だ。

 浮かんでは消えていく音の軌跡が目に見える程、空間が透き通っている。透き通っているからこそ普段は息を潜めている、しかし実はこの世界のどこにでも潜んでいる黒く深い闇がここでは良く見える。悲痛な心の痛みを体現する二つの声と、その痛みを何とか受け止めて背負っていこうとする日本語のリリックとが重なった瞬間に発生するエネルギーは、この日常にだだっ広く蔓延んだ悲壮感を何とかして打ち破る為の一縷の望みだ。暗闇の中で必死に光を掴み取る為に、装飾に塗れた飛沫の夢を作り上げて闇から目を背けるのではなく、寧ろ彼らは闇以上に残酷でリアルなサウンドを用いて闇に拮抗していくという手段を選んだ。

 都内を中心に活動を続けるツイン・ボーカル4ピース・バンド "悲岸 (ひがん)" による初のシングル。

Myspace
Twitter
mixi

発売日: 2011.1.29
自主制作
価格: ¥500 (tax in)
posted by puri at 15:14| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

NON'SHEEP 「落下/サメナイユメ」

NON'SHEEP 「落下/サメナイユメ」

sakenaij-thumbnail2.jpeg

 都内を中心に活動中の3ピースバンド、NON'SHEEPによるライブ会場限定で販売される2曲入りシングル。

 輪郭の際立つフレーズとサウンドの感触が印象的なギター・フレーズ、また幻想的なシンセサイザーのサウンドから幕を開ける一曲目「落下」。それぞれのパートの音が輝き交差する様は美しくありながらどこか悲しくもある。丸みのあるグルーブを奏でながらもタイトなドラムス、一音一音を噛み締めるよう丁寧に鳴らされるベースのリズム隊の上を流れていくメロディがとても滑らかに耳の中へ飛び込んでくる。一見すると暖かいサウンドを形容しているようにも見えるが、実際に楽曲内に流れる空気感はどこかクールな印象であり、刹那的な感情が楽曲の至る所で見え隠れするが、根底にかすかに流れる寂寞感がとても印象に残る。かと思えば曲の中盤で飛び出してくるギター・ソロは、冷たい空気の切れ目から溢れ出てくる熱気のように突然我々の不意をついてくる。この静と動のバランスがとても心地良いのだ。
二曲目に収録されている「サメナイユメ」では一転して広がりのある音像からスタートする。裏で入ってくるハイ・ハットの音色やキャッチーなメロディ、それと絡み合うようなラインが冴え渡るギターのフレーズがとてもポップに響き渡る。しかしはっきりと歌いあげられる日本語歌詞は非常に哲学的で儚いメッセージ性を保有している。ポップなサウンドに乗せられてこのリリックが飛び込んでくるのがとても衝撃的で、そのお蔭でリリックに込められたメッセージはよりリスナーに伝達されていく。

 静と動、ポップネスとダークネスという相反する要素を同時に吸収し、そしてアウトプットする。そもそも感情というものは単一の性質で構成されているものではなく、様々な思いが混ざり合った塊として存在するものである。彼らはロックというツールを用いて人間の感情のリアルな揺れ動き、生々しい息遣いを表現することに成功している。

 2曲とは言え彼らの表現のあらゆる引き出しが詰め込まれたシングル。ライブ会場限定販売なので彼らのライブのダイナミクスと音源の完成度の両方を体験してもらいたい。

Myspace
mixi

発売日: 2011.1.16
価格: \500 (tax in)
posted by puri at 18:42| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャズネコ 「Confusion The Live」

ジャズネコ 「Confusion The Live」

Confusion The Live.jpeg

 去年11月のPARABOLAでも表題曲のビデオ・クリップを放映した3曲入りマキシ・シングル「Confusion The Live」。ここに込められた三曲は全て「凶暴な芸術」という肩書きの裏に実は隠れているロックの優しさを代弁している。

 最初の一秒から振り切れたテンションで幕を開ける表題曲、無駄な装飾などを使わずに等身大のサウンドで精一杯を出し切る彼ららしさがそこに既に現れる。武骨で太いドラムスとベースのソリッドなサウンドが滑らかでグルーヴィーなビートをうねるように紡ぎ出す。そこに絡まるギターの美しいアルペジオは繊細でありながらも自らを主張するよう力強く響き、リズム隊のグルーブと相まって緊張感の溢れる空間を作り上げる。複雑なコードや演奏テクニック、はたまた派手な曲構成がある訳ではない。ただひたすらに素晴らしい唄とストレートなサウンドがあるだけ。そのアンサンブルは不器用でありながらも、とても美しい。その美しさは彼らが余計な装飾など抜きに音だけで真っ向勝負をしていくという意気込みと、それの思いが込められたサウンドの一音一音にとてつもない重みがあるというところから来ている。彼らの楽曲では音だけでなく感情が鳴っているのが聴こえてくる。自らの音楽に自信がないとここまでストレートに響かない。自らに自信がないときっと装飾に逃げてしまう。しかし彼らは自らにそれを決して許さない。だからこそ彼らのロックにはブレがないのだ。破壊することや感情をステージで暴力的に発露させることだけがロックではない。彼らは優しい歌をも誰よりもロックとして鳴らしている、紛れもないロック・バンドだと改めて思い知らされた。

 今年2010年もMINAMI WHEELや渋谷CLUB QUATTROで演奏をブチかまし、若手ロック・バンドたちをビビらせ続けてきた彼ら。2011年の更なる活躍に期待は高まるばかりである。

Myspace
audioleaf
mixi

発売日: 2010.8.25
レーベル: pojjo record
品番: OPCD-7101
価格: ¥1,200 (tax in)
posted by puri at 18:36| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

about tess 「Song of the bird」

about tess 「Song of the bird」

m_10.jpeg

 ツイン・ギター、ツイン・ベース、ツイン・ドラムスの計6人を擁する特異なラインナップで構成されるabout tess。11月17日にリリースされた彼らのサード・アルバム。しかし収録曲はCDの限界収容分数である74分に渡る1つの楽曲のみ。音楽を以てしてまさに人間の聴力の限界に挑んでいる化け物のようなアルバムである。

 彼らの演奏技術のクオリティについては最早ここで言うまでもないことだが、それでもここまで凄まじいと触れられずにはいられなくなってしまう。クリアでシャープに響き渡るドラムスのフレーズは小気味よく空間をスパッと切断する。その音には全くの淀みが無い。ベース・ラインが楽曲のボトムを根気よく繋ぎ止めることで楽曲の舵は失われず、かつサウンドの厚みを持たせるのに一役買っている。楽曲内で縦横無尽に暴れ狂うギターは時に高速にメロディを刻み、時にぼんやりとした夢のような空間を体現する。荒れ狂う嵐のような音像や静かな湖面のような音像をいとも簡単に創り上げる。

 先程も書いた通りこのアルバムは74分に渡る壮大な一曲のみを収録している。これはジャム・セッションではなく、きっちりと74分の展開を緻密にアレンジした結果の楽曲である。リズム・パターンは変わらずにギターのフレーズのみが変化していったり、かと思いきやいつの間にかリズムが変わっていたり、と少しずつの変容を繰り返していく展開は、同一フレーズをリピートしていく先に見えてくる快楽、そしてフレーズが少しずつ蠢いていく興奮を同時に取り入れながら、その先に待っている怒涛の展開へと突入していく。幾度と無く挿入される場面転換、しかしそれでも紛れもなく74分全体が「一曲」として響いているのは音像が変わっても緊張感や世界観が共有されているからで、その根底に存在する強靭な精神力にはただ驚かされるばかりである。

 74分間、気まぐれ一切なし。全てに意味がある。聴いた後の気持ち良い疲労感、そして爽やかな後味は此処でしか味わえない。是非この感覚を、そしてこのサウンドの迫力を74分間続けて体感して頂きたい。

Myspace
mixi

発売日: 2010.11.17
レーベル名: Virgin Babylon Records
品番: DDCZ-1719 (VBR-002)
価格: ¥2,000 (tax in)
posted by puri at 18:30| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MEANING 「BRAVE NEW WORLD」

MEANING 「BRAVE NEW WORLD」

bnw_b.jpeg

 2004年、ex. キノト / TaU KITCHEN スタッフにより結成。2008〜2009年にBa. mami脱退後YUICHIが加入、その後ライブの圧倒的な完成度により知名度を勢い良く広げて行き、ついにファースト・フル・アルバムをPIZZA OF DEATHよりリリースした5ピース・バンド、MEANING!祝・11/17付オリコンデイリーチャート48位!

 Introの優しげなアルペジオから一転して激重なスネアが鳴り響く序盤。そのリスナーを巻き込むトラップのようなギミックは彼らならではのシニシズムの象徴のよう。3本のギターによるカッティングや単音フレーズのレイヤーの分厚さは流石。MEANINGの楽曲をMEANINGたらしめている重要な要素として鳴り響く。それに埋もれないばかりか、楽曲のコアとして圧倒的な存在感を放っているドラムスは手数・重厚感ともに群を抜いています。リズムの緩急・楽曲の静と動を巧みに操り、それぞれの楽器隊をしっかり繋ぎ止めつつも、轟音の中にしっかりとコード感を紡ぎ出すベース・ライン。全てのパートが一ミリのズレも生じさせず正確なリズムを刻み、音を重ね、時にメロディアスなフレーズを挟みながらも周囲を吹き飛ばす程の轟音を叩き出す。極めつけにVo. HAYATOによる激野太いシャウトがリスナーに止めを刺す。小節いっぱいに詰め込まれたネイティブな英詞がバシバシ決まっていくバイオレントな爽快感にはカリスマ性を感じられるし、その気迫は空気までもソリッドに変えてしまう。ハードコア・メタル・パンクの要素をぶち壊して混ぜ合わせるだけでなく、そこに自分たちのバンド・スピリットを注入し、血が今にも吹き飛ぶようなここまで熱いサウンドを創り上げた彼ら。日々のリハーサルや数々のライブをストイックに重ねた末に掴み取った彼らのロジックに裏付けされた、知識や言葉で説明出来うる説明の範疇を越えたサウンドのクオリティ。今まで流した血と汗の結晶で出来ているからこそここまでの傑作を創り上げたのです。日本中のミュージック・ファンはもちろん全バンドマンにも聴いて欲しい一枚。これこそがバンドのあるべき姿です。

Myspace
mixi
Twitter

発売日: 2010.11.17
レーベル名: PIZZA OF DEATH RECORDS
品番: PZCA-49
価格: ¥2,300 (tax in)
posted by puri at 18:26| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MEANING 「BRAVE NEW WORLD」

MEANING 「BRAVE NEW WORLD」

bnw_b.jpeg

 2004年、ex. キノト / TaU KITCHEN スタッフにより結成。2008〜2009年にBa. mami脱退後YUICHIが加入、その後ライブの圧倒的な完成度により知名度を勢い良く広げて行き、ついにファースト・フル・アルバムをPIZZA OF DEATHよりリリースした5ピース・バンド、MEANING!祝・11/17付オリコンデイリーチャート48位!

 Introの優しげなアルペジオから一転して激重なスネアが鳴り響く序盤。そのリスナーを巻き込むトラップのようなギミックは彼らならではのシニシズムの象徴のよう。3本のギターによるカッティングや単音フレーズのレイヤーの分厚さは流石。MEANINGの楽曲をMEANINGたらしめている重要な要素として鳴り響く。それに埋もれないばかりか、楽曲のコアとして圧倒的な存在感を放っているドラムスは手数・重厚感ともに群を抜いています。リズムの緩急・楽曲の静と動を巧みに操り、それぞれの楽器隊をしっかり繋ぎ止めつつも、轟音の中にしっかりとコード感を紡ぎ出すベース・ライン。全てのパートが一ミリのズレも生じさせず正確なリズムを刻み、音を重ね、時にメロディアスなフレーズを挟みながらも周囲を吹き飛ばす程の轟音を叩き出す。極めつけにVo. HAYATOによる激野太いシャウトがリスナーに止めを刺す。小節いっぱいに詰め込まれたネイティブな英詞がバシバシ決まっていくバイオレントな爽快感にはカリスマ性を感じられるし、その気迫は空気までもソリッドに変えてしまう。ハードコア・メタル・パンクの要素をぶち壊して混ぜ合わせるだけでなく、そこに自分たちのバンド・スピリットを注入し、血が今にも吹き飛ぶようなここまで熱いサウンドを創り上げた彼ら。日々のリハーサルや数々のライブをストイックに重ねた末に掴み取った彼らのロジックに裏付けされた、知識や言葉で説明出来うる説明の範疇を越えたサウンドのクオリティ。今まで流した血と汗の結晶で出来ているからこそここまでの傑作を創り上げたのです。日本中のミュージック・ファンはもちろん全バンドマンにも聴いて欲しい一枚。これこそがバンドのあるべき姿です。

Myspace
mixi
Twitter

発売日: 2010.11.17
レーベル名: PIZZA OF DEATH RECORDS
品番: PZCA-49
価格: ¥2,300 (tax in)
posted by puri at 18:25| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

THE SENSATIONS 「THE SENSATIONS」

THE SENSATIONS 「THE SENSATIONS」

24884432.jpeg

 続いてもI HATE SMOKE RECORDSよりドロップのニュー・アルバム!Ba.にWiennersからBALL氏が加入しますます精力的に活動を展開している5ピース・スカ・パンク・バンド、THE SENSATIONSのセルフ・タイトル・アルバムです!

 アルバム全体を通して全く勢いの落ちないテンションは寧ろ後半に向かうに連れてどんどんメーターが振り切れていくようで、ライブのあの興奮感・空気感が見事そのままパッケージされています。激速ショートチューンの連続が格ゲーのコンボ的にガツンガツン決まっていくこの気持ち良さはやはり彼らの最大の武器であり、しかしそのショートチューン一曲一曲の中には多彩な展開が相当な密度で詰め込まれている訳で、彼らのサウンドやフレーズの引き出しの多さにもまた驚かされる訳です。ポップでシンガロング必至なボーカル・メロディ、そこへコード感を加えてアンサンブルに広がりを持たせるギター、更にそこにサックスのスリリングでアップリフティングな音色が混ざることでバンド全体のユニゾン感やグルーブ感が半端無く倍増。三位一体ならぬ五味一体なこの一体感、そりゃ一度走り出したら道理で止まらない訳です。だから聴く側も一度再生ボタンを押したらもう最後まで止まらならなくなるし、やっぱりもっと聴きたくなるしライブも行きたくなるし。という意味でかなりの中毒性アリですこれ!

 無駄な説明を必要とせずとも、このアルバムに詰め込まれているサウンドが彼らが一体何たるかを全て物語ってくれているような気がします。だからこそのセルフ・タイトルなのではないかと。だから皆さん是非ゲットしてライブ会場に足を運んでください。彼らがどれほどまでに音楽を楽しんでやってるか感じてみてください。このアルバムを聴いたら改めて音楽が楽しくなりますよ。

Myspace
mixi

発売日: 2010.12.15
レーベル名: I HATE SMOKE RECORDS
品番: IHSR-022
価格: ¥1,890 (tax in)
posted by puri at 18:21| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KiNGONS 「POP OF THE WORLD」

KiNGONS 「POP OF THE WORLD」

popofthewarld1.jpeg

 今年3月にキノトにて月間ピックアップした栃木の4ピース・バンドKiNGONSによる待望のファースト・フル・アルバム「POP OF THE WORLD」!去る11月24日にリリースされました。

 冒頭の「HAPPiNESS」が鳴った瞬間に思わず顔が緩んでしまうのは、初っ端からKiNGONSらしさが100%遺憾なく発揮されているから。彼らのサウンドはほんの数秒聴いただけで「KiNGONSだ」と分かる程独特の空気感に包まれていて、それがギターの音色によるものなのか録音方法によるものなのか、それとも何か別に要因があるのかは良く分かりません。もしかしたらその全部なのかも知れないし。でもここで重要なのはそんなことじゃなくて、KiNGONSの音が他の誰も鳴らせない音をしっかりと鳴らしているということの方が大事なんです。相変わらずのソリッドなビートに分厚いギターから吐き出されるコードがポップかつセンチメンタル。装飾のないストレートなボーカル・メロディは輝きを失うどころか以前より光を放っています。演奏も全体的に前回のミニ・アルバム「WONDERFUL GIRL」よりワンランク上のタイト感。楽曲のアレンジ・演奏共に着実にステップアップしている彼らの現在進行形な姿が良く分かる超名盤ではないでしょうか!

 しかしそれだけでは終わらないKiNGONS。最後の曲日本語歌ってるし!それに歌超良いし何あれ!アルバムの締めにそれを持ってくるキュートな側面もやっぱり変わってないし、それもKiNGONSを聴く上で重要な部分だと思うのです。いやはやお腹いっぱいにさせて頂きました。

Myspace
mixi

発売日: 2010.11.24
レーベル名: I HATE SMOKE RECORDS
品番: IHSR-020
価格: ¥1,890 (tax in)
posted by puri at 18:17| ディスクレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。